芝浦工業大学校友会
校友会概要
校友会会則

芝浦工業大学校友会会則
第3章 役 員

役員

第21条  本会に次の役員を置く。
(1)会長   1人
(2)副会長  6人以内
(3)監査役  3人

2. 会長は、本会を代表し、その会務を総理する。

3. 副会長は、会長を補佐する。

4. 監査役は、本会の会務の執行と本会の会計及び資産状況について監査する。

5. 会長に事故あるとき、又は会長が欠けたときは、副会長が会長の職務を行う。

6. 第5項の規定により、副会長が会長の職務を行う順序は、あらかじめ執行役員会で定められた順序による。




役職者
第22条  本会に次の役職者を置く。
 (1) 幹事     
内訳 本部選出幹事 80人以内        
   支部選出幹事 各支部1名        
   卒業生評議員候補者幹事 13人以内
   (全国11ブロック選出者)        
   学内選出幹事 25人以内  
(2) 常任幹事       100人以内  
(3) 選挙管理委員      5人

2. 幹事は、幹事会を構成し、第55条に定める職務を行う。

3. 常任幹事は、常任幹事会を構成し、第59条に定める職務を行う。

4. 選挙管理委員は、選挙管理委員会を構成し、役職者及び役員の選任等に関する規則に定める職務を行う。




兼任の禁止
第23条 会長、副会長、監査役及び選挙管理委員は、相互に兼ねることができない。


役職者の選出

24条 幹事は、総会において正会員の中から選任される。但し卒業生評議員候補者による幹事は別途選任することができる。

2. 常任幹事は、幹事会において幹事の中から選任される。但し、卒業生評議員候補者による常任幹事は別途選任することができる。

3. 選挙管理委員は、総会において正会員の中から選任される。

4. 役職者の補充については役職者及び役員の選出等に関する規則に定めることができる。

5. 役職者は、就任時満75歳を超えないものとする。但し、支部選出幹事及び卒業生評議員候補者幹事はその限りにないものとする。




役員の選出

25条 会長は、常任幹事会において幹事及び常任幹事の推薦を受けた正会員の中から選任される。

2. 副会長及び監査役は、常任幹事会において常任幹事の中から選任される。

3. 役員の補充については役職者及び役員の選出等に関する規則に定めることができる。



役員及び役職者の選挙

26条 役員及び役職者の選任のための選挙は、選挙管理委員会が管理及び運営する。

2. 選挙の方法、選挙管理委員会の運営その他選挙に関し必要な事項は、役職者及び役員の選出等に関する規則で定めることができる。




役員及び役職者の任期

27条 役員及び役職者の任期は、選任された日の翌日から起算して3年とする。

2. 補欠選挙された役員及び役職者の任期は、前任者の残任期間とする。

3. 任期の満了により退任する役員及び役職者は、後任者が就任するまでの間は、引き続きその職務を行う。



役員役職者の再任
第28条  役員、役職者の再任は以下のように取り扱う。
 (1) 役員の再任は、1期目を含め、原則として2期6年までとする。      
 (2) 役職者の再任は、就任時満75歳を越えないものとする。
 但し、支部選出幹事及び卒業生評議員候補者幹事はその限りにないものとする。


役員及び役職者の解任
第29条  役員及び役職者が、次の各号の一に該当するときは、総会又は常任幹事会において、出席者(総会においては第50条に規定する委任状により議決権を行使するものを含む)3分の2以上の多数による決議を経て解任することができる。
(1)心身の故障のため職務の執行に堪えられないと認められるとき。
(2)職務上の義務違反その他役員としてふさわしくないと認められるとき。


役員及び役職者に関する細目

30条 この会則に定めるもののほか、役員及び役職者に関し必要な事項は、役職者及び役員の選出等に関する規則で定めることができる。

     






会則INDEXに戻る
校友会概要 会長挨拶 校友会の活動について 組織図 会則 各役員名簿 支部一覧 校歌 全国校友会支部紹介校友倶楽部 校歌CD販売 会員名簿販売 実学サロン 日建学院資格取得講座

全国校友会支部紹介校友倶楽部お問合せサイトマップ個人情報保護方針
校友会概要校友会のあゆみ事務局からのお知らせ行事予定校友会だより
芝浦工業大学校友会