芝浦工業大学校友会
校友会概要
校友会会則

芝浦工業大学校友会会則
附 則

施行期日

1条 この会則は、平成1363日から施行する。

 この会則(一部改正)は、平成15614日から施行する。

 この会則(一部改正)は、平成21613日から施行する。

 この会則(一部改正)は、平成23611日から施行する。

 この会則(一部改正)は、平成2469日から施行する。

 一部改正 平成29年 6月 10日 即日施行

 この会則(一部改正)は、平成30年 6月 9日から施行する。

 この会則(一部改正)は、令和元年 6月8日から施行する。


会員資格に関する経過措置

2条 旧会則(平成29年6月10日施行)の11条第2項に定める正会員は、新会則においてもその資格が継続されるものとする。



旧会則の規定に基づく処分等の効力

3条 この会則の施行の日(以下「施行日」という)前に改正前の芝浦工業大学校友会会則(以下「旧会則」という)の規定により本会がした処分、手続その他の行為は、改正後の芝浦工業大学校友会会則(以下「新会則」という)の相当する規定に基づいて本会がした処分、手続その他の行為とみなす。

2. この会則の施行の際、現に旧会則の規定により本会に対してされている申請、届出その他の行為は、新会則の相当する規定に基づいて本会に対してされた申請、届出その他の行為とみなす。




役員及び役職者に関する経過措置

4条 旧会則により選挙され、就任し、新会則施行の際、現に会長、副会長及び監査役である者は、新会則により選挙され、就任した会長、副会長及び監査役とみなす。この場合において、新会則により選挙され、就任した会長、副会長及び監査役とみなされる者の任期は、新会則第27条第1項の規定にかかわらず、施行日における旧会則の規定による会長、副会長又は監査としてのそれぞれの任期の残任期間と同一とする。

2. 旧会則により選出又は選挙され、就任し、新会則施行の際、現に幹事である者は、新会則により選挙され、就任した幹事とみなす。この場合において、新会則により選挙され、就任した幹事とみなされる者の任期は、新会則第27条第1項の規定にかかわらず、施行日における旧会則の規定による幹事としての任期の残任期間と同一とする。

3. 旧会則により選挙され、就任し、新会則施行の際現に常任幹事である者は、新会則により選挙され、就任した常任幹事とみなす。この場合において、新会則により選挙され、就任した常任幹事とみなされる者の任期は、新会則第27条第1項の規定にかかわらず、施行日における旧会則の規定による常任幹事としての任期の残任期間と同一とする。

4. 旧会則により任命され、就任し、新会則施行の際現に事務局長である者は、新会則により任命され、就任した事務局長とみなす。



再々任禁止に関する経過措置

5条 前条の規定に基づいて新会則により選挙され、就任した役員及び役職者とみなされる者について、新会則第28条を適用する場合、その者は新会則の施行日において、その役員又は役職者としての就任第1期中にあるものとする。




委員会に関する経過措置

6条 旧会則の下に設置された委員会(以下「旧委員会」という)であつて、新会則施行の際、現に存在するものは、新会則の下に設置された委員会(以下、「新委員会」という)とみなす。

2. 旧委員会の委員長、副委員長及び委員であつて、新会則施行の際、現に委員長、副委員長及び委員である者は、新委員会の委員長、副委員長及び委員にそれぞれなつたものとみなす。




支部及び支部役員に関する経過措置

7条 旧会則(支部規則を含む。以下、本条において同じ)に基づいて設立された支部であつて、新会則施行の際現に存在するものは、新会則施行の日に新会則に基づく支部になつたものとみなす。

2. 旧会則に基づいて選任された支部長その他の支部役員であつて、新会則施行の際現に支部役員である者は、新会則に基づく支部長その他の支部役員にそれぞれなつたものとみなす。



他の規則等の効力

8条 旧会則に基づいて制定された規則、内規その他の規程であつて、新会則施行の際、現に存在するものは、必要と認められる字句の読み替えを行つて、新会則の下で規則又は内規に改められたものとする。





会則INDEXに戻る
校友会概要 会長挨拶 校友会の活動について 組織図 会則 各役員名簿 支部一覧 校歌 全国校友会支部紹介校友倶楽部 校歌CD販売 会員名簿販売 実学サロン 日建学院資格取得講座

全国校友会支部紹介校友倶楽部お問合せサイトマップ個人情報保護方針
校友会概要校友会のあゆみ事務局からのお知らせ行事予定校友会だより
芝浦工業大学校友会